バレーボール

この記事は約 4 分で読めます。

 
バレーボールは1点1点の移動が早いので、

点数の差がすぐ変わります。

 

そんなスピード感のある試合を観ていると、

「何セット何点で勝つの?」

「最終セットの点数変わってない?」

「30点でも終わらないけど何で?」

など色々な疑問を持つ方が多いでしょう。

バレーボールは
一度大きくルールを
改変しているんです。
スポーツ解説
スポーツ解説

そこで今回はプロの試合である

「バレーボール3大大会」

①オリンピック

②ワールドカップ

③世界選手権

のセット数や点数のルールについて

解説していきたいと思います。

バレーボールの得点の入り方は?

スパイク

バレーボールとはネットを挟んだ

6人ずつの選手がボールを打ち合います。

 

基本的な得点の入り方は下記3通りです。

①相手のコート内にボールを落とす
②相手の打ったボールが自陣選手に
触れることなくコート外に出る
③自陣選手の打ったボールが
ネットを越えず自分のコートに落ちる
バスケやラグビー
などとは違い、
得点は1点ずつ加算。
1つのプレーで2点以上
入ることはありません。
スポーツ解説
スポーツ解説

バレーボールのセット数・点数のルールは?

セット数

プロのバレーボールの得点は

「オリンピック・ワールドカップなどは

全て同じルール」

となっています。

 

つまり、小さい試合でも

バレーボール3大大会も基本的には

同じセット・点数で競います。

 

肝心のセット数・点数は

「1セット25点先取」

「5セットマッチで3セット先取」

したチームが勝者となります。

 

つまり、第4セットまでに

どちらかのチームが3セットを

先取した場合は4・5セット目の

ゲームは行われません。

この1セットの
点数ですが、
4セットまでは
「25点マッチ」
5セット(最終セット)
までもつれ込んだ場合
「15点マッチ」
となります。
スポーツ解説
スポーツ解説

ここで気になるのは

「何で最終セットだけ15点マッチなの?」

と言う疑問です。

では、こちらも見ていきましょう。

最終セットだけ15点の理由とは?

15点25点

バレーボールは最終セットのみ

15点マッチとなっています。

 

この理由として、

バレーボールは国際試合になると

地上波で放送されることがあります。

 

そのため、

最終セットも25点マッチにしてしまうと

「放送に向いていない」

ということで15点マッチにした

と言われています。

つまり、
・時間調整の関係
・盛り上がるルール
と言った意味ですね。
スポーツ解説
スポーツ解説

しかし、この意図に合っていない

「試合が永遠に終わらないルール!?」

がバレーボールにはあると言うのです。

バレーボールのデュースの点数ルールは?

時間

もし各セットで24対24

(最終セットは14対14)

で並んだ場合は延長戦に入り、

2点差がつくまで行われます。

 

卓球やテニスなどにもある

「デュース」という状態ですね。

 

しかし、何とバレーボールには

卓球のように30点制限などはない為、

「決着がつくまで試合が続く」

と言うことになります。

過去には
延長戦に入って
「50対50」
になっても
決まらなかった
試合が高校生バレーで
あったそうです。
スポーツ解説
スポーツ解説

どうでしたか?

小学生は

「1セット21点・3セットマッチ」

中高生は

「1セット25点・3セットマッチ」

で行われることが多いです。

 

やはり体のできていない頃は

体力の配慮がされいるのですが、

「デュース」のルールも

改正しないといけませんね(笑)

 

また、バレーボールでセット数の他に

「サーブのルールが分かりにくい」

と言われています。

気になる方はこちらも読んでみて下さいね。

スポーツ観るならDAZN!
その「瞬間」を見逃すな!
こんな記事もあります!