この記事は約 2 分で読めます。

 
体操競技を観る方でも、

跳馬のルールを理解している人は少ないです。

 

「ただ助走を付けて台の上で

回転などをして着地する」

それだけの様に思われますが、

良く知ればもっと奥が深い競技です。

 

そんな跳馬のルールをまとめたので、

見ていきましょう。

体操「跳馬」ってどんな種目?

跳馬は1つの流れの中で

演技が一瞬で決まってしまう種目です。

 

数ある種目の中での位置づけは低く、

花形とは程遠い種目だと言われてきました。

 

そんな中、

選手やコーチの努力と挑戦の結果

たくさんの新技が認定され始めました。

 

そんな跳馬の競技はどのようなものでしょう。

 

助走を付けて手前に置かれた

ロイター板で踏切を行い、

跳馬の上で技を行って着地を決めます。
 
跳馬
 
空中で一瞬で行われる技で競い合います。

 

技の内容は多種多様ですが、

1回の演技で1つの技しか行わないので

どの技を選択するかで得点に大きく関わります。

 

つまり、

他の種目と違い技の難易度が得点に直結します。

 

もちろん技の完成度や美しさは

得点に加味されますが、

どれだけ難しい技を行うかが重要な種目です。

体操「跳馬」の得点ルールは?

では、得点はどうやって

決めているのでしょうか?

 

それは

技に付けられた点数から減点式

で最終得点を競います。

 

減点は男女共通と男女別に

決められていています。

 

<男女共通>

・着地が足で行われなかった場合

<男子のみ>

・横向きでの着地

・助走を中断してやり直しを行った場合

・予選、決勝で同じ技を行った場合

<女子のみ>

・補助行為が行われた場合

・横向きでの踏み切り、着地を行った場合

 

跳馬で現在行われている技には

限界があります。

 

一時は数々の新技が生まれましたが、

これから先は新しい技は期待ができません。

 

しかしその反面、

技の正確さや美しさと言った

表現力を磨く選手が多くなる事でしょう。

 

観客側から言うと跳馬は

「目をつぶっている間に終わってしまう種目」

かもしれません。

 

ですがその一瞬に詰まった技の美しさに

跳馬の魅力があるのではないでしょうか?

その「瞬間」を見逃すな!
こんな記事もあります!