サッカー歴代最強

この記事は約 2 分で読めます。

サッカーの見どころには

いくつものシーンがありますが、

最も盛り上がるのはやはり

シュートシーンでしょう。

さて、
このシュート、
テレビで観ると
その速度は
いまいち
伝わらない
でしょう。
スポーツ解説
スポーツ解説

実際にプロの試合を見た方は

学生のシュートとは違うその速度には

驚く方も多いでしょう。

 

とは言え、

「実際のシュートスピードは時速何キロ?」

と言われるとピンとこない方が

ほとんどだと思います。

では、さっそく

そんな疑問を解消していきたいと思います。

サッカーのシュートの年齢別の平均速度は?

まずは、日本人の就学区分による

シュートの平均速度を測定したデータを

紹介したいと思います。

小学生:51km/h
中学生:63km/h
高校生:70km/h
大学生:81km/h
プロ選手:100km/h

 
これはあくまで日本人の平均なので、

海外のプロのフォワード選手等、

シュートが得意な選手は

さらに速いシュートをうつことができます。

 

それでは、世界の歴代シュート速度ランキングを

紹介していきたいと思います。

サッカーのシュートの歴代最速選手ランキング!

第5位:ロベルト・カルロス選手

時速144km

ロベルト・カルロス

弾丸シュートとは

彼のためにある言葉と言えるほどの

シュートをする選手でした。

スペインの強豪チームである

レアル・マドリードに所属する

彼の放った一撃は突き刺さるようなシュート

だと言われています。

第4位:シニシャ・ミハイロヴィチ選手

時速160km 

シニシャ・ミハイロヴィチ

ユーゴスラビアがまだある時の代表選手です。

セリエAのラツィオ時代には、

なんとフリーキックだけで

ハットトリックを決めるほどの選手でした。

この時速160kmも

フリーキックの時に放たれた一発でした。

第3位:ドーラン・マウリシオ・パボン選手

時速162km 

ドーラン・マウリシオ・パボン

南米コロンビア出身の彼が、

アトレティコ・ナショナル時代に放った

シュートのスピードが162km/hという

とてつもない速さだったと言います。

この時に出したシュートは、

約40mもゴールから離れた位置から

シュートを決めたことで有名になりました。

イタリアのパルマでもプレーしましたが、

この時のシュートコントロールは

いまいちだったそうです。

第2位:エデル・アレイショ・デ・アシス選手

時速174.5km 

エデル・アレイショ・デ・アシス

ブラジル出身のアシス選手が

フリーキックで放った一発が

このスピードになりました。

この選手はあのジーコ選手とも一緒に、

元ブラジル代表として

プレーしたことがある選手です。

3位のパボン選手と同様ですが、

スピードはあるものの

シュートコントロールはいまいちでした。

第1位:スティーヴン・リード選手

時速189km 

スティーヴン・リード

アイルランド出身のリード選手が

第一位となりました。

この時、サッカーボールが

あまりの速さにホップした軌道を描いた程です。

サッカー観るならDAZN!
その「瞬間」を見逃すな!

この記事の監修者

スポーツ解説MEN
スポーツ解説MEN
普通の社会人スポーツオタク2人組です。スポーツの面白さを共有したく立ち上げたサイトです!「分かりやすかった!面白い!」などのコメントですごく喜ぶ2人です。
こんな記事もあります!