この記事は約 2 分で読めます。

 
バレーにおいて最初のプレーである

サーブはとても大事です。
 

サーブによって試合展開が変わる

といってもいいでしょう。

 
日本代表の試合を観ていても

サーブで相手を崩すことができると

優位に試合を進めていけることが

お分かりいただけると思います。
 

そのサーブの練習をしているけど

なかなか上達しないという方も

多くいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は

バレーのサーブの練習方法とコツ

についてみていきます。

バレーのサーブとは?

バレーの試合が始まると

最初にコートの外にいる選手が

ボールを相手コートに向かって打ちます。

このプレーのことをサーブといいます。
 
◇日本代表プレー動画

 

バレーのサーブの重要性とは?

サーブで相手を崩すことができると

相手はその後のプレーが思い通りにいかずに

チャンスが巡ってきます。
 

またサーブによる得点を挙げると

相手が警戒し

よりサーブによる得点が

多くなってくることもあります。
 

バレーの初心者が上達しない理由とは?

サーブにはいくつかの種類があり

下から打つサーブと

上から打つサーブがあります。
 

遊びのときなどは

下から打つサーブが多いです。
 

しかし部活や社会人のバレーになると

上から打つサーブが多くなります。
 

上から打つサーブは

下から打つサーブに比べて

相手コートに安定していれることが

難しくなっています。
 

入りにくいからといって弱気にならず

体全体の力と体重をボールに乗せる

ように打つことが大切です。
 

 

バレーのサーブの練習方法とは?

上から打つサーブにも

  • 強いサーブを打つのか
  • 変化するサーブを打つのか

を決めて練習するとよいでしょう。
 

強いサーブを打つことができれば

相手を圧倒できますし

変化するサーブを打つことができれば

相手を揺さぶることができるでしょう。
 

そしてそのサーブをしている選手の

研究をして

  • ボールを上げる高さ
  • 助走
  • 腕のテイクバック
  • フォロースルー

を意識して練習してください。
 

バレーのサーブのコツとは?

強いサーブを打つにしても

変化するサーブを打つにせよ

あまり意識しすぎないことです。
 

そこにばかり集中してしまい

相手コートにいれることが

疎かになってしまうからです。
 

サーブは得点に繋げる意味で

相手を崩したいという気持ちはわかります。
 

しかし相手コートに届かずにネットに

かかってしまっては意味がないのです。
 

相手側のコートに入れば

プレッシャーを与えることもでき

相手がボールに触る確率もあるためです。
 

以上がサーブの練習方法とコツでした。
 
◇サーブ練習動画

 
最初は相手コートにいれることを

優先して練習したほうがよいでしょう。
 

安定して入るようになってきたら

強いサーブを打つのか変化するような

サーブを打つのかを決めて

練習に励んでください。
 

スポーツ観るならDAZN!
その「瞬間」を見逃すな!
こんな記事もあります!