この記事は約 2 分で読めます。

 
バレーの試合を観ていると

強烈なボールを打つ選手が

たくさんいますよね。
 

あのプレーに憧れてバレーを始めた

という方もいらっしゃるのでは

ないでしょうか。
 

しかし、いざやってみると

とても難しいことがわかると思います。
 

今回はそんな方のためにスパイクの

練習方法とコツについてみていきます。
 

バレーのスパイクとは?

バレーは相手から返ってきたボールを

相手コートに返すスポーツですが

その返すまでの間に3度

ボールに触れることができます。
 

その3度目の際に味方が

上げてくれたボールを力強く

叩くプレーがあります。
 

そのプレーのことをスパイクといいます。
 

◇日本のプロ試合動画

 

バレーのスパイクの重要性とは?

バレーでエースと呼ばれる選手には共通して

スパイクが得意ということがあります。
 

スパイクが決まることにより

相手に警戒心を与えることができ

自身のチームの士気もあがるため

とても重要なプレーといえます。
 

スパイクが決まる確立が高ければ高いほど

勝利する確立も上がるといえます。

バレーの初心者が上達しない理由とは?

スパイクを打つためには

味方からのトスに対して

タイミングよくジャンプを

しなければなりません。
 

最初はそこが難しいのかもしれません。

 
トスを上げる選手(セッター)と

呼吸を合わせることができれば

上手く打つことができるようになります。
 

他にはジャンプ力が足りずネットに

かかってしまうということも

上達しない原因の1つにあります。
 

タイミング,ジャンプ力が足りない場合は

共に「助走がうまくできてない」

ことが多いです。
 

自分達がボールをキープしたら

アタッカーとしてまず初めに

攻める姿勢”助走”

の立ち位置、準備を怠らないようにしましょう。
 

 

バレーのスパイクの練習方法とは?

味方のセッターにボールを出して

トスをしてもらい、実際に

  • ジャンプのタイミング
  • 腕のテイクバック
  • インパクトの瞬間
  • フォロースルー

など一つ一つの動作を

意識したスパイク練習しましょう。
 

やみくもにスパイクを打つ

練習をしてもなかなか上達しません。
 

先に述べた

  • 助走の立ち位置
  • スパイク時のネット際への入り方

も一緒にチェックしてください。
 

バレーのスパイクのコツとは?

スパイクをする上で何が足りないのかを

把握することが大事です。
 

  • ジャンプ力
  • トスとのタイミング
  • インパクトの瞬間

など様々な要因が一致したときに

素晴らしいスパイクが打つことができます。
 

実際にセッターにもアドバイスをもらい

足りない部分を把握して

練習に励みましょう。
 

以上がスパイクの練習方法とコツでした。
 
◇スパイク上達紹介動画

 
安定してスパイクが打てるようになったら

試合を想定して練習してみましょう。
 

練習の際は相手のブロックがない状態で

気持ちよく打てるのですが

試合になると相手も必死に止めてきます。
 

そのブロックを打ち抜くのか

利用してブロックアウトを狙うのか

といった状況練習も行うことにより

試合でも活躍できるようになるでしょう。

 

スポーツ観るならDAZN!
その「瞬間」を見逃すな!
こんな記事もあります!