この記事は約 2 分で読めます。

男子の熱いスポーツと言えば、

「野球」「サッカー」「テニス」

「水泳」「柔道」

など色々なスポーツ名が出てきそうです。

 

他に「バレー」を挙げる方も、

多いのではないでしょうか。

 

「バレー」は集団スポーツとしての

見どころもありますし、

ボールが床に落ちそうになる瞬間の

ドキドキ感は大きいものです。

 

そんな男子バレー日本代表の

歴代最強っていったい誰なのか

気になりませんか。

 

今回はそんな男子バレー日本代表の

歴代最強選手を紹介したいと思います。

スポンサーリンク


日本代表「男子バレー」歴代最強選手Top3!

Top3.「中垣内祐一」

1990年代に男子バレーで

大活躍した選手で最も有名でしょう。

 

それが男子バレー日本代表

「中垣内祐一選手」です。

 

「中垣内祐一選手」は中学生の時に

バレーボールを始め、

大学卒業後に新日鐵に入部して

様々な賞を獲得しました。

・第24回日本リーグ 新人賞

・第24~26回日本リーグ 猛打賞

・第24~26回日本リーグ

第1~4、6回Vリーグ ベスト6

・第25回日本リーグ

第1~2回Vリーグ 敢闘賞

・第24回日本リーグ

第3~4回Vリーグ 最高殊勲選手

・Vリーグ栄誉賞(2007年)

 

「田中幹保選手」は賞を取った

大会の数が圧倒的に多い選手と言えます。

 

Top2.「田中幹保」

1980年代に男子バレーを観ていた方なら、

「田中幹保選手」を

よく知っているでしょう。

 

スパイクの威力、ブロック力

バランスが良く優秀な選手でした。

 

当然、受賞歴はも多いです。

・第7~17、20、22~23回

日本リーグ ベスト6

・第10、12~14、16、22~23回

日本リーグ 殊勲賞

・第11、15、17、20、22~23回

日本リーグ 敢闘賞

・第10、12、14~15回

日本リーグ スパイク賞

・第12回日本リーグ ブロック賞

・第13回日本リーグ サーブ賞

・第22~24回日本リーグ

最優秀監督賞

・Vリーグ栄誉賞(2007年)

 

こんなにたくさんの賞を獲得しており、

男子バレーをあまり知らない方から見ても

「田中幹保選手」が男子バレーでは

偉人と言えます。

スポンサーリンク


日本代表「男子バレー」歴代最強選手Top1!

Top1.「石川裕希」

「日本バレー史上最高の逸材」

として知られているのが

「石川裕希選手」です。

 

小学校4年生の時に

お姉さんの影響でバレーを始め、

中学・高校と以下の

素晴らしい賞を獲得しています。

・全国都道府県対抗

中学バレーボール大会優秀選手

・第65回全日本バレーボール

高等学校選手権大会最優秀選手賞

 

そして、20歳にして

全日本代表候補入りを実現し、

東京オリンピックを目標とした

強化指定選手「Team CORE」

にも選ばれています。

 

「石川裕希選手」の実力はと言うと、

ワールドカップ2015で世界Top6

に選ばれるほどのレベルの高さです。

ちなみに、

「石川裕希選手」はバレーだけでなく

ルックスも高く評価されており、

女性誌の「国宝イケメンアスリート」

で2位に選ばれています。

 

360℃どこから見ても、

男子バレー日本代表歴代最強

と言えるのではないでしょうか。