この記事は約 2 分で読めます。

 
野球の1つの醍醐味に

華麗なる守備が挙げられます。
 

野球の守備は内野や外野により

必要な能力が違ってきます。
 

プロの選手の華麗な守備に憧れて

守備の練習を始めたという方も

いらっしゃるのではないでしょうか。
 

しかし、闇雲に練習をしただけでは

なかなか上達しません。
 

今回はそんな野球の

守備の練習方法とコツ

についてみていきます。

野球の守備とは?

野球というスポーツは攻撃と守備が

交互に行われるスポーツです。

 
バッターが打つ方を攻撃

その打ったボールを捕ったりする方を

守備といいます。
 

◇プロ野球守備動画

 

野球の守備の重要性とは?

野球は守りからといわれるほど

重要な役割を持っています。
 

守備がいいとピッチャーも

思い切って投げやすくなります。
 

また、野球は点を取られなければ

負けることはありません。
 

これまでのプロ野球の優勝チームも

守りのよかったチームの方が

圧倒的に多いです。
 

野球の初心者が上達しない理由は?

ポジションにより原因が異なります。
 

外野の守備は特にフライを捕るのが

難しく感じることが多いようです。
 

フライの場合は落下地点が予測できずに

捕ることができないのが一番の原因です。
 

内野の守備はゴロの恐怖が原因です。

 
特に土のグラウンドですとバウンドが

目の前で変わり顔面に直撃したり

することがあります。

 
そのことから恐怖心が出てきて

捕球体勢が高くなり

後ろに逸らしてしまったりするのです。
 

野球の守備の練習方法とは?

最初はノックを受けてフライやゴロに

慣れることから始めましょう。
 

そうしているうちに恐怖心やフライの

落下地点が分かるようになってきます。
 

他にはゴロやフライを捕るときの

基本的な姿勢を覚えることです。
 

いくら恐怖心や落下地点を

予測できるようになったからといっても、

姿勢がとれていないと

捕ることができないからです。
 

捕球のリズムを忘れないように

グラブを手で叩くといった行為をし

自分に合うタイミングで捕球に挑みましょう。
 

 

野球の守備のコツとは?

練習の際のノックは自分のところに

飛んでくることが予想できるので

まだ捕りやすいのですが、

試合となるといつ自分のところに

ボールが飛んでくるかがわかりません。

 
ピッチャーが投げる一球ごとに

集中をしていつ飛んできてもいいように

準備をしましょう。
 

また

ピッチャーの配球、バッターの特徴

を知っておくとあらかじめ

ポジショニングしておくことができ

より捕る確率が高まります。
 

以上が守備の練習方法とコツでした。
 
◇初心者フリースロー上達動画

 
練習よりも試合で上手くなる

といわれています。
 

ある程度慣れてきたら試合に出場し

バッターが打つボールに慣れてください。
 

野球観るならDAZN!
その「瞬間」を見逃すな!

この記事の監修者

スポーツ解説MEN
スポーツ解説MEN
普通の社会人スポーツオタク2人組です。スポーツの面白さを共有したく立ち上げたサイトです!「分かりやすかった!面白い!」などのコメントですごく喜ぶ2人です。
こんな記事もあります!