この記事は約 3 分で読めます。

 
さて、夏の風物詩といえば

高校野球という方も

多いのではないでしょうか?

 

テレビ中継されている高校野球を観ると

「一回戦はコールド勝ちでした」

「プロ注目の○○選手の○○高校は

コールド負けを喫しました」

とコールド勝ち、負けという

言葉があるのに気づきます。

 

そんな

コールド勝ち、負けってどんなルール?

という疑問に答えていきたいと思います。

スポンサーリンク


野球の「コールド試合」ってどんなルール?

コールド試合とは簡単に言うと、

何らかの理由により試合が途中終了され、

その時点で勝敗を決する

というルールです。
 

強制的に試合終了するので、

頑張ってきた選手からしたら

たまったものではありません。
 

そんなコールドした試合には

その理由にいくつか種類があります。

 

1:点差によるコールド試合

2:雨や天災などにより、

試合の続行が不可能と判断した場合

3:照明施設のない球場で、

試合途中に日没がきてしまった場合

 

主に上記の3種類に分かれます。

では、

この3種類をそれぞれ

解説していきたいと思います。

①点差によるコールド試合とは?

単純に点差が開きすぎると

試合を続けても勝ち目はない

ということから作られたルールです。

 

基本的にこのルールは高校野球の地区予選や

WBC(野球の世界大会)、一部大学野球

社会人野球で採用されています。

 

共通している定義として、

5回以降のイニングで

○点差以上ついていたら試合は続行せず、

終了という形になり、コールド試合

とみなされます。

 

例えば、

A対Bの試合で5回終了時点で

Aチームが10対0で勝っていたら

Aチームがコールド勝ち、

Bチームがコールド負けという結果です。

 

また、

このイニングによる○点差というのは、

国やリーグ、大会により違います。

 

ある試合で

5回終了時点で10点差

5回終了時点で7点差

ついている場合は

それ以降のイニングは行わず、

試合終了(コールドゲーム)とする。

といったようにコールドゲームになる

点差は違うので気を付けましょう。
 

スポンサーリンク


②雨や天災によるコールド試合とは?


 
試合が始まると最初は

天気が良かったのに途中から大雨。

なんてことはよくあります。

 

その天候があまりに悪い時に

定義されているルールで

5回以降に大雨や地震などによる

天災が発生した場合コールド試合

となります。

 

例えば、A対Bの試合で

Aチームがリードして

6回表に入ったとします。

 

イニングの途中で雨が強くなり、

試合続行不可能と判断しました。

 

この場合は、

Aチームがコールド勝ち、

Bチームがコールド負けという結果です。

 

プロ野球日本シリーズでもこれは起こり、

2005年千葉ロッテマリーンズ

対阪神タイガースの試合で濃霧の為、

7回途中コールドになったこともありました。
 

 

確かにこれでは試合になりませんね。

 

点差は大きかったのですが、

逆転を信じるファンにとっては

悔しい試合になってしますが仕方ありません。

 

ちなみに、5回よりも前に

試合続行不可能と判断した場合は、

ノーゲーム(試合が無かったこと)

になります。
 

③照明施設のない球場によるコールド試合とは?

これは想像できる通り、

日没になると球が見えないので

試合の途中であってもコールド試合

となります。

 

こういった球場は珍しいですが、

小さな試合(例えば公園での試合)だと

こういったルールもないとできませんよね。

 

以上がコールド勝ち、負けのルールですが

どうだったでしょうか?

 

特に一発勝負の高校野球においては

コールドのルールがあることにより、

様々なドラマが生まれています。

 

前日4回まで得点差では勝っていたのに

雨天ノーゲームになり、

翌日の試合で負けてしまった

という大逆転劇もよく見られます。

 

こういった所も

野球の見どころの一つなのかもしれません。

この機会に観戦してみてはいかがですか?