この記事は約 2 分で読めます。

 
野球はサッカーと並んで、

日本ではとても人気のあるスポーツです。

 

その歴史は2016年現在で

約80年と歴史もあるスポーツです。

 

日曜日になると河川敷などで

草野球を楽しんでいる姿も

よく見かけますよね。

 

さてその野球ですが、バットにも

種類があるのをご存知でしょうか?

 

プロ選手もとてもこだわりを持つ

と言われているのがバットです。

 

そんなバットの選び方についてみていきます。

野球のバットの種類は?

バットにはいくつか種類があります。

 

大きく分けると

①金属バット

②木製バット

③ノック用バット

④素振り用バット(重め)

ということです。

 

プロ野球、大学、社会人では木製を使用し、

高校生までは金属を使用しています。

 

よく見かける草野球ではほとんどが金属です。

野球の遊び&競技用バットの選び方!

バットの選び方として、

①グリップ

②長さ

③重さ

が重要な基準になります。

 

①バットのグリップ

グリップとは握る部分のことを指します。

 

細くシャープな作りになっているのは

長距離ヒッター向き

太くがっちりした作りになっているのは

短距離ヒッター向き

となります。

 

自分がどういった

バッターになりたいのか想像してから

選ぶと良いです。

 

②バットの長さ

小学校低学年であれば

70センチ弱の長さを選ぶと良いです。

 

バットを立ててグリップが

股下付近にくるのが理想の長さです。
 
バット選び2
 
③バットの重さ

長さに比例して重さも上がっていきます。

 

間違えた選び方をすると、

バットを振るのではなく

バットに振られている

ということが多く見られます。

 

軽いバットは飛距離は期待できませんが、

やはりご自身の体格や力に合った

重さを選ことが一番です。

 

まずはしっかり振り切ることのできる

重さのバットを見つけましょう。

 

また、

バットにはおもりを付けることも可能なので、

練習の際には付けると良いでしょう。

 

以上がバットの選び方でした。

 

バット1つでも長さや重さ、

多岐に渡った種類があります。

 

小さなお子さんが始めたばかりという方は

軽いバットでボールに当てる練習から

スタートするといいかもしれません。

 

しっかりバットを振って

ボールに当てると、

とても気持ちいいですからね。
 

こちら参考になるので、

良ければ参考下さい。

野球観るならDAZN!
その「瞬間」を見逃すな!

この記事の監修者

スポーツ解説MEN
スポーツ解説MEN
普通の社会人スポーツオタク2人組です。スポーツの面白さを共有したく立ち上げたサイトです!「分かりやすかった!面白い!」などのコメントですごく喜ぶ2人です。
こんな記事もあります!