この記事は約 2 分で読めます。

 
日本で人気のスポーツといえば

野球かサッカーと言われるほど、

野球は人気があります。

 

野球中継を観ていると、

ファウルやフェアといった言葉が

耳に入ってきます。

 

あまり野球を見ない方は

「ファウルやフェアって何だ!?」

って思った方もいらっしゃるでしょう。

 

では、そんなファウルとフェアの

意味や見極め方についてお話します。

野球のファウルとフェアって何?

野球場に行くとよく分かるのですが、

グラウンドに白くて長い線が

引いてあるのを確認できると思います。

 

バッターボックスから外野まで伸びる線です。

 

あの線が

ファウルやフェアの境界線

となります。
 
ファールとフェア
 
バッターが球を打った後、

球がこの境界線の内側に入ったらフェア

球がこの境界線の外側に入ったらファウル

となります。

 

では、まずはフェアについて説明します。

 

先ほど説明したように、

線より内側

(守っている選手がいるグラウンド)

にバッターが打った打球が

飛んでいくとフェアになります。

 

内側に飛んでいくことによって

試合が進んでいきます。

 

ファウルはどうでしょうか?

 

フェアの反対で線より外側

(守っている選手がいないグラウンド)

にバッターが打った球が

飛んでいくとファウルになります。

 

ファウルになると試合は進まず、

もう一度ピッチャーが

球を投げることになります。

 

フェアとファウルについては

何となくお分かり頂けたでしょうか?

ファールとフェアが分からなくなる3パターン!

では、

こんな疑問が出てくると思います。

 

1:球が内野にある間は内側だったけど、

外野に進むにつれて

外側に転がっていった場合は?

2:線上に球が止まった場合は?

3:球がポール(ライトとレフトにある長い棒)

に当たった場合は?

 

一つ一つみていきましょう。

 

1について、

打った球が最初のうちは内側にあったので、

最終的に外側に転がってもフェアとなります。

 

2について、

ファウルラインと呼ばれるだけあって、

線上に球が止まった場合は

ファウルと思われがちですが、

ルール上はフェアとなります。

 

3について、

あまり多くないのですが、

球がポールに当たった場合は

フェアとなりホームランです。

 

せっかくのホームランボールなのに

取れないじゃん!

と思われる方もいるとは思いますが、

守っている選手が

外野席にボールを投げてくれます。
 

ファールとフェアの簡単な見極め方は?

フェアかファウルについて

判断するのは審判です。

 

バッターボックスから見て

右側に飛んだ球は一塁の審判、

左側に飛んだ球は三塁の審判が判断します。

 

なので、

慣れないうちは審判の動きを

みておくと良いでしょう。

 

審判が指を内側に指した場合はフェア、

審判が両手を広げながら

上げた場合はファウル

という判定です。

 

打った球はかなりのスピードで

際どい場所に飛んだ場合は、

一瞬で判断しないといけないので

審判も大変ですね。

 

以上が、

フェアかファウルの見極め方です。

 

慣れてくると審判の動きを見なくても

フェアかファウルか

わかるようになってきます。

 

この記事をご覧になって、

野球に興味を持った方はたくさん試合を観て

覚えていくとより楽しめると思います。

野球観るならDAZN!
その「瞬間」を見逃すな!
こんな記事もあります!