野球人数

この記事は約 4 分で読めます。

 
日本では「甲子園」「プロ野球」などで

定番の人気スポーツである野球。

 

しかし、たまに見る人にとっては

「何人でするスポーツなんだろう?」

「ベンチの人数は?」

などと疑問に思う方も多いでしょう。

ベンチに座る人は
思っている以上に多く、
特に甲子園では
細かい決まりまで
あるんです。
スポーツ解説
スポーツ解説

そこで今回は

「高校野球・プロ野球・メジャーリーグ」

に分けて、プレー人数とベンチ人数を

解説していきたいと思います。

野球は何人でやるの?

何人

野球の人数のことを、

「ナイン」

という言葉が使って表現します。

 

サッカーで言うところの

「イレブン」ですね。

 

つまり、この字の通り

「9人で行うスポーツ」です。

 

これのポジションは下記になります。

①ピッチャー
②キャッチャー
③ファースト
④セカンド
⑤サード
⑥ショート
⑦レフト
⑧センター
⑨ライト
この9人の中でも、
甲子園などで
最も話題になるのは
①ピッチャー
ですね。
スポーツ解説
スポーツ解説

また、コートで見ると

このような位置になります。


 
試合は9人ですが、ここから

ベンチに入れる人数も見ていきましょう。

プロ野球&メジャーのベンチのルールは?

ベンチ

プロ野球でベンチに入れる人数は

「28人」

まで可能で、この内試合に出場できる選手は

「25人」

までとなっています。

 

メジャーリーグも同様に

「ベンチ28人・出場25人」

となっています。

 

ここで

「試合に出れない3人は何で必要なの?」

と思う方も多いでしょう。

この3人は
「先発ピッチャー」
であることが
大半を占めています。
スポーツ解説
スポーツ解説

つまり、先発ピッチャーは

週に1度の割合で投げるので

ベンチには入っていますが、

先発予定日ではない日は

出場することはありません。

 

これを監督やコーチが話し合って

状況に応じた人を分けているんです。

 

ちなみに、プロ野球は支配下登録の選手が

1球団70人弱なので、

「約3分の1しか1軍ベンチに入れない!」

と言うことにもなります。

 

プロになってからも

激しい闘いがある厳しい世界ですね。

高校野球のベンチのルールは?

甲子園

高校野球の場合

(甲子園で行われる選抜&全国選手権大会)

選手18人、監督1人

部長(責任教師)1人

記録員(マネージャー)1人

となっています。

 

ちなみに県予選までは20名です。

 

実は、甲子園で行われる大会の

ベンチ入りの人数に関しては、

歴史が進むにつれて増えてきました。

 

最初の頃は制限がなかったのですが、

徐々に制限され現在は

18人までとなりました。

 

この理由としては、

全国選手権大会は8月という

真夏に行われる大会です。

 

昔と比べて気温が高くなり、

「体調不良で出れない選手が多くなる」

可能性も考慮してベンチ人数が

増えてきたと言われています。

 

強豪高校では部員数が

「100人を超える学校」

も存在します。

その100人を
超える中から
ベンチに入れる選手は
わずかなのです!
スポーツ解説
スポーツ解説

さらに、高校3年生にとっては

夏の甲子園が最後の試合。

 

こうやってみると、

プロ野球も高校野球も

ベンチに入るだけでも

いかに努力が必要か、いかに凄い選手か

お分かりいただけると思います。

 

そういったことを考えて試合を観ると、

「頑張れ!」という気持ちが入り

より熱い応援を送ることができますね。

野球観るならDAZN!
その「瞬間」を見逃すな!

この記事の監修者

スポーツ解説MEN
スポーツ解説MEN
普通の社会人スポーツオタク2人組です。スポーツの面白さを共有したく立ち上げたサイトです!「分かりやすかった!面白い!」などのコメントですごく喜ぶ2人です。
こんな記事もあります!