速度

この記事は約 4 分で読めます。

 
女子バレーボールは

よくテレビでも放送されており、

日本でも人気のスポーツですよね。

 

しかし、ふと男子バレーボールを

見ると衝撃を受けました。

 

それは、テレビで観ても分かるくらい

「スパイクが異常に速い!」

と言うことです。

スパイクの跳躍
の最高到達点が
全日本男子の平均
「約3m45cm」
全日本女子の平均
「約3m」
と体格・筋力の違いは
スゴイものがあります。
スポーツ解説
スポーツ解説

これを聞くと、

「女子でもそんなに跳べるんだ」

と感じた方も多いと思います。

 

そしてその驚異的な跳躍から繰り出す

バレーボールは実際

「どのくらいスピードなんだろう?」

と疑問に思ったことはありませんか?

 

そこで今回は

「最速のスパイクやサーブが時速は?」

「体感速度はどのくらい?」

などの疑問について調べてみました。

バレーの「サーブ速度」は時速何km!?

サーブ

バレーのサーブにはたくさんの

回転、速度、コースがあり、

注目ポイントの一つになります。

速いサーブを打つ
選手もいれば、
無回転で相手を
翻弄するサーブなど、
選手によって
得意なサーブが
違うんですね。
スポーツ解説
スポーツ解説

そんなサーブの平均速度は

男子:時速110キロ

女子:時速70キロ

となります。

 

さらに、これまでの公式試合で

最速サーブを出したと言われているのが、

2018年に

イヴァン・ザイツェフ選手が出した

「時速132キロ」です。

イヴァン・ザイツェフ

高速道路でもスピード違反で

捕まるくらいの猛スピードですね。

 

先ほど少し紹介したサーブ、

「実際はどんな種類があるの?」

と気になる方は

こちらの記事を読んでみて下さいね。

バレーの「スパイク速度」は時速何km!?

スパイク

バレーボールは相手コートにボールを

返すまでに3回触れることができます。

 

その3回目に打つことが多い、

腕を思い切り振り下ろして

ボールを叩き落すプレーを

スパイク(アタック)と言います。

 

その為、こちらはサーブより速く

男子:時速150キロ

女子:時速100キロ

と言うとんでもない速度が出ます。

スパイクの
最高速度の記録は
ありませんが、私は
「時速170キロ」
を超えていたのを
観たことがあります。
スポーツ解説
スポーツ解説

ちなみに、スパイクの速度は

ジャンプの最高到達点が

重要な要素となります。

 

その世界最高記録保持者は

公式試合ではキューバの

レオネル・マーシャル選手が出した

「最高到達点383cm」

という記録です。

レオネル・マーシャル

ちなみに、垂直飛びは

「127cm」という記録を持っています。

バレーの「スパイク体感速度」は時速何km!?

レシーブ

実際のスピードより

体感速度の方が速いと言われています。

 

テレビで観ているあのスピードは、

コートにいる選手たちは

もっと速く感じているんですね。

バレーボールは
スパイクされた
地点から
「4~10メートル」
で到達します。
スポーツ解説
スポーツ解説

つまり、最も近距離の4メートルでの

「体感速度は時速600キロ」

と言われています。

 

何だか異次元過ぎて、

「どうやって反応しているんだ」

としか思えませんよね。

 

どうでしたか?

バレーボールの試合を観ていると、

わざとゆったりしたサーブや、

フェイントでスパイクではなく

前に落としたりします。

 

こんな驚異的なスピードが出るのに、

そういった緩急にも対応している

選手のことを考えると、

改めてすごい人達だなと思いますね。

スポーツ観るならDAZN!
その「瞬間」を見逃すな!
こんな記事もあります!