この記事は約 2 分で読めます。

 
野球においてピッチャーという存在は

特別なものがあります。

 
ピッチャーが投げるボールによって

試合が進んでいくので責任重大です。
 

エースと呼ばれるピッチャーが投げあうのは

1つの醍醐味であり

試合展開も早い時が多いです。
 

さて、そんなピッチャーに憧れて

練習を始めたという方も

いらっしゃるのではないでしょうか。
 

しかし

ピッチャーというポジションは

投げるだけでなく9人目の野手としての

役割もあるため

とても難しいポジションです。
 

今回はそんな

ピッチャーの練習方法とコツ

についてみていきます。

野球のピッチャーとは?

野球はボールを投げて

そのボールを打ち返すことにより

試合が進んでいきます。
 

その最初にボールを投げる選手のことを

ピッチャーといいます。
 

◇日本代表動画

 

野球のピッチャーの重要性とは?

ピッチャーの出来具合によって

試合展開が大きく変わってきます。
 

ピッチャーがフォアボールばかり

出してしまうと試合の進行が遅くなり

攻撃にも悪影響を与えてしまいます。
 

逆もまたしかりでピッチャーの

渾身のプレイが他のプレイヤーに

及ぼす影響は計り知れません。

 
そういったことからピッチャー次第で

勝敗が決まるといっても

過言ではありません。
 

野球の初心者が上達しない理由は?

ピッチャーの基本は

ストライクが入るかどうか

です。
 

そのストライクを安定して

投げられるようになるためには

基本的な身体の使い方

が重要になります。
 

しかし、初心者の場合は

指先、腕、肩、といった上半身

腰、足といった下半身

それぞれの身体の使い方が上手くなく

なかなかストライクが入らない

傾向が多くあり上達しない

一番の原因と良く言われます。
 

野球のピッチャーの練習方法とは?

まずは身体の使い方を覚えて

一定のフォームで投げ込むことです。
 

闇雲に投げるのではなく

一つ一つの動作を確認しながら

投げていくことにより

身体が投球フォームを覚え

安定してストライクが入るようになります。
 

また、ピッチャーは投げ終えた後は

9人目の野手となります。
 

投げ終えた後の体制が悪いと

ピッチャー返しの打球がきたときに

反応が遅れてしまいます。
 

投げ終えた後の姿勢にも

気をつけて練習しましょう。

 

 

野球のピッチャーのコツとは?

投げる際の

  • 上げる足
  • 支える足
  • 腕のテイクバック
  • リリースの瞬間
  • 振り切った後の腕の位置
  • グラブの使い方

など意識すべき点がとても多く

動きが重要になります。
 

1ついえるのは力をいれすぎないことです。
 

速いボールを投げようと

最初から力を入れて

投げる選手が多くいます。
 

究極をいえばボールを離す瞬間だけ

力をいれればいいのです。
 

そうすることによりバッターは

とても速く感じるので

うちとりやすくなります。
 

以上がピッチャーの練習方法とコツでした。
 
◇ストレートの持ち方紹介動画

 
ピッチャーは想像以上に

やらなければならないことが多いです。
 

今回の記事を参考に

していただけたらと思います。

 

野球観るならDAZN!
その「瞬間」を見逃すな!

この記事の監修者

スポーツ解説MEN
スポーツ解説MEN
普通の社会人スポーツオタク2人組です。スポーツの面白さを共有したく立ち上げたサイトです!「分かりやすかった!面白い!」などのコメントですごく喜ぶ2人です。
こんな記事もあります!