この記事は約 2 分で読めます。

 
卓球といえば、あの小さなピンポン玉を

打ち返すスポーツですよね。

 

もちろん驚異的な

動体視力や運動神経が必要な競技です。

 

あの小さい台、いったいどんな速度で

相手に到達するんでしょうか。

 

今回はそもそもピンポン玉とは?

相手に届く速度とは?調べてみました。

卓球で使用するピンポン玉は?

ピンポン玉の素材はセルロイド、

またはプラスチック製のメンコ

と呼ばれる円形素材から作られています。
 
卓球
 
卓球では直径44mm・重さ2.2-2.4g

と決まっています。

 

色は白と橙色とあり、

どちらを使用しても構いませんが、

ラージボールでは橙色のみです。

 

周囲環境(照明、床、背景)

ユニフォーム、卓球台の色によって

見づらい場合は、

どちらかの色を選ぶことが

できる大会もあります。

 

同じ製造工程で作られた球に対し、

どの程度球形に近いかで

グレード付けされています。

 

最も高いものは3スターと呼ばれ、

最低ランクの無印まで

4段階に分けられます。

 

グレード分けはボールを坂路に転がした時、

ずれの大きさで決まり、

完全な球ならば坂路をまっすぐ下り、

ゆがみが大きいほどずれが大きくなります。

 

通常、大会では

3スター(スリースター)が使われます。

 

では。

そんな卓球のピンポン玉の速度は

いったい時速何kmあるんでしょうか?
 

卓球のピンポン玉の速度は?

例えば、

代表的なスポーツの球速の最高速度は

①野球:時速169km

②サッカーのシュート:時速132km

③ハンドボールのシュート:時速100km

④ハンマー投げ:時速106km

⑤バレーボールのサーブ:時速120km

⑥テニスのサーブ:時速200km

となります。

 

これを見てもいかにスポーツ選手が

すごいかがよく分かります。

 

では、卓球はどうでしょう。

 

スマッシュなど速い時で

時速200km

だと言われています。

 

あの至近距離でです。

 

よくその球を肉眼でとらえられますよね。

 

テニスに関しては同じスピードですが、

卓球程の至近距離でのスピードは

他の競技では有り得ません。

 

卓球選手は並々ならぬ動体視力の

持ち主だということがよく分かります。

 

今回は卓球のピンポン玉や、

相手に届く速度について調べてみました。

 

それにしても卓球の球速は

200kmに達することもあるんですね。

 

スマッシュをうっているのに、

それを普通にとるシーンが

よくテレビで流れています。

 

そんなスピードを考えると

より観戦が楽しめると思います。

その「瞬間」を見逃すな!
こんな記事もあります!