この記事は約 4 分で読めます。

 
世の中には野球、サッカー、テニス…etc

といった数え切れないほどの

スポーツがあります。
 

もちろん初心者の方もいれば

プロの選手といった人たちがいます。
 

そんなプロの中でも世界のTOP選手は

一年間でとんでもない額を稼いでいます。
 

今回はスポーツ別で世界No1選手の

年収をまとめたので、

どのスポーツが一番稼げるのか?

そんな疑問を見ていきたいと思います。

年収No.1のスポーツを予想しよう!

それではまずみなさんが

「このスポーツが年収世界No1でしょ」

と思うスポーツを予想してみましょう。
 

イチロー選手の野球?本田選手のサッカー?

あなたの予想する年収No.1を

選んでみましょう!

世界No1選手の年収が一番高いスポーツはどれ?みんなの予想は?

View Results

Loading ... Loading ...

スポーツ別のプロ平均年収は?

まずは先ほどみなさんに

予想して頂いたスポーツ選手達の

平均年収をみていきましょう。
 

◇スポーツ選手の平均年収

  • 野球
  • ・メジャー:2億5000万円

    ・プロ野球:約3700万円

    日本と世界とで年俸格差が

    激しいスポーツですね。
     

  • サッカー
  • ・2000~3000万円

    日本ではJリーグがありますが、

    やはりヨーロッパと比べると

    まだまだ活発さが足りないです。
     

  • テニス
  • ・400~500万円

    大会での賞金が大きいので

    とにかく勝たないといけません

    日本を代表する錦織佳選手は

    年収34.5億円です、

    やはりTOP選手はかなり上がります。
     

  • 卓球
  • ・300万円
     
    もちろん世界的プレイヤーになれば

    この程度ではありませんが、

    平均はかなり低いスポーツですね。
     

    日本での人気も上がってきているので

    これから全体的な年収も

    変わるかもしれませんね。
     

  • バドミントン
  • ・450万円~500万円
     
    活躍による広告年収や

    スポンサー収入により増加が大きいです。
     

  • バスケ
  • ・bjリーグスターター:1000万円

    ・bjリーグ控え:400万円
     
    日本を代表するバスケ選手

    田臥勇太選手で5000万円です。
     
    アメリカリーグでの賞金額は

    桁が億まであがるので

    年収格差は多いです。
     

  • バレー
  • ・400~800万円
     
    一時は人気スポーツでしたが、

    今は少し低迷気味なので

    平均年収は下がってしまうかもしれません。
     

  • フィギュアスケート
  • ・1000~3000万円
     
    2010年あたりから

    異常に人気が伸びているスポーツです。
     

  • ラグビー
  • スーパーリーグ:1500万円
     
    日本では選手で話題になりましたが、

    アメリカでは元々超人気スポーツなので

    非常に高い金額が払われています。
     

  • アメフト
  • ・290万ドル円

    (約3億4,000万円/2015-16年シーズン)
     

  • ゴルフ
  • ・440万円
     
    もちろん個人の成績に応じて

    大会獲得賞金が上乗せされていきます。
     
    一回で優勝賞金が数千万円が当たり前なので、

    夢のあるスポーツですね。
     

  • 体操
  • ・500~600万円
     

    通常の企業で雇われている方も

    いますので、

    平均年収は一般サラリーマンより

    少し良いといったイメージでしょうか。
     

  • 水泳
  • ・500~600万円
     
    こちらも体操同様で

    基本的には会社年収と似ています。
     

    日本でプロの水泳選手

    として思い浮かぶのは

    北島康介選手あたりですね。
     

  • マラソン
  • ・1000~2000万円

    基本的にはスポンサーとの契約なので

    実力のあるトップランナーは

    かなり稼いでいることが分かります。

 
ここで紹介したのはあくまで

全体のプロ選手やあるリーグでの

平均年収をまとめています。
 

それでは最初にみなさんが予想した

年収No.1プレイヤーを見ていきましょう。
 

スポーツ別のプロの年収No.1プレイヤーは?

それでは世界で活躍する年収を

代表選手紹介していきます。

野球:クレイトン・カーショウ

  • 日本円:40億9000万円
  • MLBのロサンゼルス・ドジャース所属

サッカー:クリスティアーノ・ロナウド

  • 年収:8800万ドル
  • 日本円:約94億円
    年俸5600万ドル(約60億円)
    広告契約料3200万ドル(約34億円)

  • レアル・マドリード所属

テニス:ロジャー・フェデラー

  • 年収:6780万ドル
  • 日本円:約69億8500万円

  • 大会賞金総額:780万ドル
  • 日本円:約8億360万円

  • テニス界のビック4

卓球:張継科

  • 年収:1,300万元
  • 日本円:約2億2千万円

  • 2011年、2013年世界選手権
  • 男子シングル2連覇

バドミントン:タカマツコンビ

  • 年収:2000万円
  • 二人で4000万程度

    稼いでいることになります。

  • リオオリンピック女子ダブルス優勝

バスケ:レブロン・ジェームズ

  • 年収:8270億ドル
  • 日本円:82億7400万円

  • NBANo.1プレイヤーと称される
  • 別名「キング」

バレー:エカテリーナ・ガモア

  • 年収:3億円
  • プレーだけの年収は137万ドル

    (日本円:約1億6000万円)

  • ロシアのエーススパイカー

フィギュアスケート:キム・ヨナ

  • 年収:13億ドル
  • プレー年収は2億程度ですが、

    残り8、9割が広告などの契約料と

    言われています。

ラグビー:ダン・カーター

  • 年収:2億5000万円
  • ワールドラグビー年間最優秀選手賞3回受賞

アメフト:アンゼ・コピター

  • 年収:1400万ドル
  • 日本円:約16億5500万円

ゴルフ:フィル・ミケルソン

  • 年収:5290万ドル
  • 日本円:約53億円

  • 別名「無冠の帝王」
  • メジャータイトルが

    とられていないことからの呼び名

体操:内村航平

  • 年収:1700万円
  • 1000年に一度の逸材
  • リオデジャネイロ五輪で団体、個人で優勝

水泳:北島康介

  • 年収:1億円
  • コカコーラ社と一年契約を経験

  • アテネオリンピック
  • 100m、200m平泳ぎ優勝:金メダル

  • 北京オリンピック
  • 100m、200m平泳ぎ優勝:金メダル

  • 株式会社IMPRINT取締役代表

マラソン:ウィルソン・キプサング

  • 年収:30万ドル
  • 日本円:約5000万円以上

  • 10km:28分37秒00 (2007年)
  • ハーフマラソン:58分59秒 (2009年)
  • フルマラソン:2時間03分13秒 (2016年)

以上がまとめですが、

「思ったより稼いでいないなー」

と思った選手や

「こんなにもらってるんだ!」

と思う選手もいかと思います。
 

では、結果を見ると世界で一番

年収が高いスポーツ選手は

  • スポーツ:サッカー
  • 選手:クリスティアーノ・ロナウド
  • 年収:94億円

という結果になりました。
 
予想は当たったでしょうか?

 
有名な選手なので、

ドンピシャだった人もいるのでは?
 

日本人サラリーマンの

生涯年収が2、3億です。
 

世界のトッププレイヤーの稼ぐ額は

夢のような金額で想像もしづらいですね。

◇関連記事