ダンクシュート

この記事は約 5 分で読めます。

 
バスケットボールで一番派手な

プレーと言えば、やはり

「ダンクシュート」ですよね。

NBA選手が行う
「ダンクコンテスト」
があるくらい、
バスケにおいて
「魅せるプレー」
と言えますね。
スポーツ解説
スポーツ解説

やはりバスケをやる人なら

誰しもがやりたいプレーですが、

「身長低いから無理だ。。。」

と諦めている方も多いでしょう。

 

それは確かに「大きな要素」

と言わざるをえませんが、そもそも

「ダンクシュートって

身長何センチあれば可能なの?」

と言うのは確認しておきたい所です。

 

そこで今回はダンクシュートに

「必要な身長・ジャンプ力」

などを見ていきたいと思います。

バスケのダンクシュートの定義・種類は?

ダンク

まず、そもそもダンクシュートとは

「跳躍してゴールにぶら下がるように

ボールを叩きつけるシュート」

のことを指します。

 

また、点数も

ダンクシュートを決めたからといって、

得点が倍になったりせず

「普通のシュートと同じ2点」です。

そんな
ダンクシュートと
一口に言っても、
「10種類以上」
あり、難易度も
様々なんです!
スポーツ解説
スポーツ解説

そのダンクの種類は

①ワンハンドダンク(片手)
②ボースハンドダンク(両手)
③リバースダンク(後ろ向き)
④トマホークダンク(振り下ろす)
⑤アリーウープダンク(パスから)

 
と他にも色々ありますが、

スポーツマンガなどで

描かれていたりする

代表的なダンクはこのあたりでしょう。

 

この中で最もオーソドックスなダンクが

「ワンハンドダンク」

の片手でボールを叩きつけるダンクです。

 

難易度としても一番簡単なので、

まずはこのダンクを目指してみましょう。

 

では、次にダンクシュートをする上で

重要な「ゴールの高さ」を調べていきます。

バスケのゴールの高さは?

バスケゴール

実際にゴールを見てみると、

とても高いですよね?

 

その高さは

小学校以下→260センチ

中学校以上→305センチ

となっています。

 

この数字を見ると、

「やっぱり身長高くないと難しいかな?」

と思う方が多いのではないでしょうか。

 

確かに、ダンクシュートを決めるには

身長が重要視されることが多いです。

しかし、
ダンクができるかの
要素としては
①「身長」
②「ジャンプ力」
③「腕の長さ」
で決まります。
スポーツ解説
スポーツ解説

この腕は異常に長い・短い

と言ったことはあまり無いので、

伸ばすことができるのが

「ジャンプ力(跳躍力・垂直とび等)」

となってきます。

 

では、その跳躍力で補って

ダンクシュートを決めた選手を

見てみましょう!

ダンクのできる身長は何cmで可能?

バスケットボール

アメリカのガードをやっていた

ポーター・メイベリー選手と言う

「高校2年生がダンクを決めた!」

と一時期に全米で話題になりました。

この動画は

「たった3日で再生回数120万回」

を突破し、その後の彼の人生は一変、

CMや大学やNBA関係の

イベントオファーが

大量に来ているそうです。

 

この動画がなぜここまで

話題になったのか、それはもちろん

「身長の低さ」にありました。

 

やはりダンクシュートは

身長の高い選手(190センチ以上)

が決めているイメージもありますね。

 

しかし、

この高校生の選手は身長がなんと

「168センチ」

しか無いと言うのです。

 

これはバスケットボール世界最高峰の

NBA選手ですら驚きです。

305センチの
ゴールにダンクを
決めているので、何と
「100センチ以上」
跳躍しているんです!
スポーツ解説
スポーツ解説

日本男子高校生の垂直とびの平均は

「約62センチ」と言われてるので

いかにスゴイかがよく分かりますね。

バスケのダンクに必要な身長・ジャンプ力を検証!

人数

低身長でダンクが話題になる選手と言えば、

①「ポーター・メイベリー」身長168cm

②「アキール・カー」身長167cm

③「エアナイジェリア」身長173cm

などを挙げられます。

 

この「エアナイジェリア選手」で言うと、

垂直とびが約114cmです。

 

とりあえず、このデータから

「身長173cm+ジャンプ力114cm

=ダンク可能数値287cm」

では可能だと言うことが分かります。

 

さらに、これらの選手は余裕を持って

ダンクが出来ているので、

ギリギリレベルだとまだまだ

低くてもできるのは間違いありません。

 

まや逆に、垂直とびのギネス記録は

「約135cm」です。

 

単純計算だと、

「身長150cmでもできる!」

と言うことになります。

ギネス記録さえ超えればですが(笑)

 

どうでしたか?

ここまで単純計算ではありませんが、

少なくとも身長が

200センチ以上ないとできない

とかでは無さそうですね。

 

ここで、

「身長160cmしかないから無理か」

と思ったあなた!

 

バスケにおいて大事なのは

「ダンクじゃなくチーム全員に

必要なディフェンスです!」

マンガでも低身長選手は

ディフェンスが上手い選手が多いですよね。

 

まずはどういったことに注目して

ディフェンスをしているかも

しっかり見てみましょう。

っと言うかダンクができそうな方も

大事なので読んで下さいね。

その「瞬間」を見逃すな!
こんな記事もあります!