この記事は約 2 分で読めます。

 
昨今の健康志向の高まりにより、

注目を浴びているスポーツ。

 

「これから何かスポーツを始めてみたい!」

という方も多いのではないでしょうか?

 

しかし色々な協議があるので、

まずは人気のスポーツをやりたい

と思う人が多いはず。

 

そこで今回は

「日本の競技人口ランキング」

を紹介したいと思います。

スポンサーリンク


日本の競技人口の定義は?

まず簡単に「競技人口」について説明します。

 

一口に競技人口といっても、

そこに明確な定義はありません。

 

例えば

①週6日、毎日

野球部で活動しているAさん

②月に1度、

趣味で水泳をしているBさん

③年数回、

痩せなければと思い

ランニングをするCさん

 

上記3つはそれぞれ

スポーツの頻度、運動量が違うため、

これらを一まとめに

「競技」とすることについては、

意見が分かれることでしょう。

 

「年数回のランニング程度では

スポーツとは言えない。舐めるな!」

という手厳しい意見も聞こえてきそうです。

 

しかしここでは、

総務省が発表している

「社会生活基本調査」での

「1年間でスポーツを

1回でも行った人口

(対象年齢10歳以上)」

を競技人口として紹介していきます。

スポンサーリンク


日本の競技人口ランキングTop10!

10位:野球(814万人)

9位:ゴルフ(890万人)

8位:サイクリング(893万人)

7位:釣り(981万人)

6位:登山・ハイキング(1,134万人)

5位:水泳(1,243万人)

4位:ジョギング・マラソン(1,366万人)

3位:ボウリング(1,433万人)

2位:器具を使ったトレーニング(1,667万人)

1位:ウォーキング、軽い体操(4,682万人)

※仕事としてスポーツを行うものや、

児童・生徒・学生が

体育の授業で行うものを除く

トップ10に入っているスポーツの共通点としては、

「年齢関係なく、

一生楽しむことのできるスポーツ 」

であることです。

 

1年に1回でもしたことのある

スポーツをカウントしているので、

手軽なスポーツばかりが

ランクインするのは

ある意味当然だと言えるでしょう。

 

日本の人口が

11,649万人(10歳以上)ですから、

「1位のウォーキング」

軽い体操については

国民の4割が行なっていることになります。

 

どうでしたか?

この結果を見て、

「こんなに多くの人が運動をしているんだ」

と驚かれた方もいると思います。

 

一生健康な身体でいるために、

ぜひ手軽なスポーツから始めてみませんか?