ラグビー

この記事は約 5 分で読めます。

 
ラグビーと言えば、五郎丸選手のおかげで

日本中に知られる競技となりました。

 

そんなラグビーの試合を観ていると、

「得点の入り方がバラバラ!?」

とルールが分かりにくくて

困惑した方も多いでしょう。

ラグビーは
そのプレーによって
入る点数が違うので、
1つ1つ覚えておく
必要があります。
スポーツ解説
スポーツ解説

そこで今回はラグビーの

「プレー別での得点の入り方」

について解説していきたいと思います。

ラグビーって一回で何点入るの?

点数

ラグビーは相手の陣地にボールを運び、

最終フィールドに持ち込んだら得点となる

陣取り合戦のようなスポーツです。

基本的には
①トライ
(ボールを置く)
②キック
(ボールを蹴る)
の2種類で点数を
取っていきます。
スポーツ解説
スポーツ解説

そんなラグビーでの

「1回の点数は2・3・5・7点」

と4種類もあるんです。

 

この点数は

「5種類のプレー内容で決まる」

ので、それぞれ見ていきましょう。

ラグビーの点数の種類やルールまとめ!

1:トライ
 
トライ
 
これがラグビーで

最も多い点数の取り方です。

 

アメフトでは「タッチダウン」として

よく聞く言葉ですが、

ラグビーでは「トライ」と言います。

 

相手の陣地のゴールスペースに

ボールを置くことで得点が入ります。

実際に観ると、
フェイントを混ぜたり
とんでもない動きで
得点するラグビーの
醍醐味なんです!
スポーツ解説
スポーツ解説

この方法では

「5点」得ることができます。

 

2:コンバージョンゴール
 
コンバージョンゴール
 
トライによって得点を決めたチームは

トライを決めた延長線上から22m離れ、

ゴールバーに向かって

ボールを蹴る権利が与えられます。

 

このプレーのことを

コンバージョンキックと言います。

このキックの前に
五郎丸歩選手が
やったポーズで
日本中にラグビー人気が
出たんですよね~
スポーツ解説
スポーツ解説

このキックしたボールが

ゴールバーを越えると得点が

「2点」加算されます。

 

3:ペナルティゴール

ペナルティキック

これはサッカーのペナルティキックなどと

同様のルールです。

 

相手がペナルティ行為を行った場所から

ゴールバーに向かって

ボールを蹴る権利が与えられます。

 

ボールを持っていない選手に

タックルしたり、

故意に相手側に倒れこんで

プレーの邪魔をしたりした場合に、

ペナルティ行為の反則が取られます。

ラグビーは
サッカーと並び、
ファールの多い
スポーツです。
なので、この
ペナルティキックも
よく観るプレーなんです。
スポーツ解説
スポーツ解説

このキックが成功すると

「3点」が加算されます。

 

4:ドロップゴール

ドロップゴール

試合の流れの中で、

一度バウンドしたボールを蹴って

ゴールバーを越えることによって

得点が入ります。

プロでも試合中に
1回も見ない
珍しいプレーです。
点数がきっこうし、
正攻法で崩せない時に
大逆転などもある
大歓声プレーですね。
スポーツ解説
スポーツ解説

このキックが成功すると

「3点」が加算されます。

 

5:ペナルティトライ

ペナルティトライ

これは審判が守備側の悪質な

反則が無ければトライが決まっていた

という場合に点数が入ります。

以前は
「認定トライ」
と言われていましたが、
2018年頃に
少しルールが改正され
「ペナルティトライ」
となりました。
スポーツ解説
スポーツ解説

審判によってこの判定がされると

「7点」が加算されます。

 

どうでしたか?

これでラグビーをより理解でき

楽しんで頂けたら嬉しいです。

 

もう少し時間のある方は

「ポジション・背番号での役割」

も知るとさらに楽しめるので

良ければこちらも読んでみて下さいね。

スポーツ観るならDAZN!
その「瞬間」を見逃すな!
こんな記事もあります!