この記事は約 2 分で読めます。

 
ラグビーと言えば、五郎丸選手のおかげで

日本中に知られる競技となりました。

 

この時にラグビーの試合観戦に

行った方も多いのではないでしょうか?

 

そんなラグビーの試合を観ていると、

得点の入り方がバラバラ

なのに気づくと思います。
 
ラグビー掲示板
 
では、

得点の種類やルールについて

まとめたので見ていきましょう。

スポンサーリンク


ラグビーって一回で何点入る?

ラグビーは相手の陣地にボールを運び、

最終フィールドまで持ち込んだら

得点となる陣取り合戦です。

 

ラグビーで

一回の点数は2,3,5点

と3種類もあります。

 

これは、

プレー内容によって変わってき、

4種類あるのでそれぞれ見ていきましょう。

スポンサーリンク


ラグビーの点数の種類やルールまとめ!

1:トライ
 
タッチダウン
 
最も多い点数の取り方です。

 

アメフトでは「タッチダウン」として

よく聞く言葉ですがラグビーは

「トライ」といいます。

 

相手の陣地のゴールスペースに

ボールを置くことで得点が入ります。

 

この方法では5点得ることができます。

 

2:コンバージョンゴール
 
コンバージョンゴール
 
トライによって

得点を決めたチームは、

その後にトライを決めた

延長線上からゴールバーに向かって

ボールを蹴る権利が与えられます。

 

そのことをコンバージョンキックと言います。

 

キックしたボールがゴールバーを越えると

得点が2点加算されます。

 

3:ペナルティゴール

サッカーのペナルティキックと同様です。

 

相手がペナルティ行為を行った場所から

ゴールバーに向かって

ボールを蹴る権利が与えられます。

 

ボールを持っていない選手にタックルしたり、

故意に相手側に倒れこんで

プレーの邪魔をしたりした場合に、

ペナルティ行為の反則が取られます。

 

このキックが成功すると

3点が加算されます。

 

4:ドロップゴール

試合の流れの中で、

一度バウンドしたボールを蹴って

ゴールバーを越えることによって

得点が入ります。

 

このキックが成功すると

3点が加算されます。

 

以上のような得点の入り方が存在します。

 

得点の大きさもそれぞれ違うのです。

 

相手の陣地の最後までボールを繋いで

得点を決めるタッチダウンが

一番得点が入りますね。

 

やはりその分、難しい得点方法です。

 

テレビを観ただけでは

分かりにくかったかもしれませんが、

これで多少は解決できたでしょうか。

 

今回のを参考にして改めて観戦すると

更に楽しく感じられるかもしれませんよ。