この記事は約 2 分で読めます。

 
テニスをするうえで

欠かせないのがラケットです。

 

スポーツ店に行くと、

思った以上にラケット種類が多く

迷ってしまいますよね。

 

初めてラケットを選ぶ時に

やってしまいがちなのが、

安いラケットを購入することです。

 

遊びであれば安いラケットでも構いませんが、

本格的に始める方は10000円以上の

ラケットを購入した方が良いです。

 

そんな少し高い買い物を無駄にしない為に、

自分に合ったラケットを選び方法を紹介します。

テニスラケットの選ぶ最初のポイント!

ラケットを選ぶ時、

最初に気にするポイントは

大きさ、重さです。

 

まずはその選び方を見ていきましょう。

 

大きさというのは

ラケットの面とフレームのことを指します。

 

どちらも大きければ大きいほど

パワーが伝わりやすく、

多少の打ちミスでもカバーしてくれます。

 

その反面コントロールは落ちてしまいます。

 

小さい方がコントロールしやすく、

ボールは飛びにくくなります。

 

つまり、

初心者は大きめのラケット

中級者以上は小さいラケット

を使うのが良いでしょう。

 

次にラケットの重さですが、

重いのと軽いのでは

約100グラムも違いがあります。

 

重いほうが相手の速いサーブに対して、

軽く合わせるだけで

容易に打ち返すことができます。

 

しかし、

力のない方が重いのを使用すると、

ボールに反応できても

振り遅れてしまいます。

 

実際に振ってみて違和感ない重さの

ラケットを選びましょう。

 

こちら人気のラケットコレクター

のテニスラケットの選び方です。

テニスラケットの形でプレースタイルが変わる!?

実はラケットの形状にも違いがあります。
 

 
これらの形は

得意なプレースタイルに合わせて選びます。

①丸型:オールラウンダー

②四角型:長期戦型

③楕円上広がり:スピンが得意

④楕円末広がり:フラットが得意

 

競技でやっている方は

自分のプレースタイルが決まっている

と思うのでこちらも参考にして下さい。

ラケットの選ぶ時に見落としがちなポイントは?

意外と見落としてしまいがちなのが、

「グリップ」です。

 

グリップとは握る場所のことを指します。

 

自身の手に合ったグリップを使用しないと

すぐにマメができてしまいます。

 

握った際に

薬指と親指の付け根が8ミリ

空いているグリップが理想なので、

ちゃんと測ってから購入しましょう。

 

以上がテニスのラケットの選び方でした。

 

必ず実際に手にとってみて

振ってみましょうね。

 

高いラケットでも自分の手に

フィットしていなければ、

良いラケットとは言えませんよ。

その「瞬間」を見逃すな!
こんな記事もあります!