この記事は約 2 分で読めます。

 
五郎丸歩選手のポーズが話題になり、

盛り上がりをみせているのがラグビーです。

 

しかし、

ルールをよく知らないという方も

いらっしゃるのではないでしょうか。

 

2019年には日本でラグビーの

ワールドカップが開催されます。

 

そんな注目間違い無しのワールドカップを

初心者の方でも楽しめるよう、

最初に知っておきたいルールをまとめました。

ラグビーの得点はいくら?取り方は?

ラグビーの得点の取り方はとてもシンプル!

相手の陣地にボールを運ぶことです。

 

パスや体を張ってボールを繋ぎ、

相手陣地の奥までボールを

運ぶことができたら得点となります。

 

グラウンドを目いっぱい利用して

運んでいきます。

 

サッカーの場合は、

相手陣地までボールを運び

ゴールにいれるのが目的ですが、

ラグビーの場合は相手陣地に

運んだ時点で得点が入ります。

 

次に、一回で何点となるのか?

これはバスケ同様、

2種類のプレーによって点数が違います。

 

1つ目はトライ、5点入ります。

 

運んできたボールを、

最終的に手で持ちながら

相手陣地の奥に着地するプレーです。

 

2つ目はゴールキック、3点入ります。

 

ゴールポストと呼ばれる

2つの高い棒が立っています。

 

そのポストの内側にキックして

ボールをいれることにより得点が入ります。

 

五郎丸選手のルーティーンの時に

よくテレビで流れているプレーなので、

イメージがつくのではないでしょうか?

ラグビーのボールの運び方は?

ボールの運び方にもルールがあります。

 

前に進めるたいなら

「前に思い切り投げたら?

という声もあがりそうですが、

それは禁止されています。

 

スローフォワードという反則になります。

 

なので

後ろか横にパスをしてボールを

繋いでいきます。

 

前に投げることができないため、

相手選手はタックルして

陣地に入り込まないようにします。

 

では、

前に投げるのが反則なら

ボールを蹴るのはいいの?」

という疑問もありそうですが、

前に蹴るのはありです。

 

ラグビーフットボールというのが

正式名称であることからも分かるように

サッカーが起源のスポーツです。

 

前に蹴ることによって大きく

前進できるメリットもあります。

 

ラグビーのボールは前に蹴るか

横や後ろのパスを駆使して運ぶかの

2択になります。

 

以上が最初に覚えておきたい

ラグビーのルールです。

 

この他にもポジションに

どういった役割があるのか?

などを知っておくとより楽しめますよ。

スポーツ観るならDAZN!
その「瞬間」を見逃すな!
こんな記事もあります!