この記事は約 2 分で読めます。

 
サッカーの試合を観ていると

豪快にフリーキックを決める

シーンがあります。
 

プレーが止まった状態での場面なので

観客の視線を一心に浴びて

蹴るフリーキックは決めると

大きな歓声が挙がる

サッカーの醍醐味の1つといえるでしょう。
 

そのフリーキックの練習をしているけど

なかなか上達しないと悩んでいる方も

いらっしゃるのではないでしょうか。
 

今回は

フリーキックの練習方法やコツ

についてみていきます。

サッカーの「フリーキック」とは?

サッカーには「ペナルティエリア」

というのがあります。

そのペナルティエリアより外側で

ファウルを受けた場合、

フリーキックというプレーが与えられます。
 

フリーキックの上手い選手は

ある程度ゴールからの距離があっても

直接シュートを放ってきます。
 

距離が遠ければ遠いほど

迫力のあるシュートを観ることができます。
 

「フリーキック」の重要性は?

フリーキックは直接シュートを

狙う場合もあれば

シュートと見せかけて味方にパス

を出したりすることもあります。
 

フリーキックの上手い選手がいると

「相手は直接シュートを放ってくるだろう」

と思っている場合が多く、

その裏をついて味方にパスを出して

チャンスを演出したりする

といったプレーをすることもできます。
 

もちろん、直接シュートを決めたら

チームの士気が上がり

雰囲気もよくなります。
 

それだけサッカーのフリーキックには

試合に影響を与える重要なプレー

ということができます。
 

初心者が「フリーキック」が上達しない理由とは?


 
フリーキックはゴールからの距離が

あることが多いので

初心者がシュートを放つと

力が入りすぎて大きく反れてしまう

ことが多くあります。
 

そのほかに

  • 助走
  • 軸足
  • 蹴る足のテイクバック
  • インパクト
  • フォロースルー

の全てがちぐはぐになり

思うように蹴ることが

できないのが原因です。
 

「フリーキック」の練習方法は?

まずはキーパーを立たせずに

ゴールに向かってシュートを放つ

練習を始めましょう。
 

その際に先ほど挙げた助走から

フォロースルーまでの一連の動作を

意識してシュートすること

をおすすめします。
 

成功する良いイメージを持ったまま

シュートに臨みましょう。
 

やみくもにシュートの練習をしても

なかなか上達しないからです。
 

一つ一つの動作を意識することにより

綺麗なシュートを放つことが

できるようになります。
 

「フリーキック」のコツは?

フリーキックは

ファウルを受けた場所により

ゴールからの距離や角度が変わってきます。
 

距離や角度によって

助走やインパクトを変えることが

求められます。
 

場数を踏んで

どの蹴り方がいいのかを体で覚えることが

大事な要素になってきます。
 

以上がフリーキックの

練習方法とコツでした。
 

上達すると試合でもフリーキックの場面で

キッカーになることができます。
 

シュートを決めるとチームの雰囲気が

一気によくなりチーム内での

ヒーローになることも夢ではありません。
 

この記事を参考に練習してください。
 

サッカー観るならDAZN!
その「瞬間」を見逃すな!

この記事の監修者

スポーツ解説MEN
スポーツ解説MEN
普通の社会人スポーツオタク2人組です。スポーツの面白さを共有したく立ち上げたサイトです!「分かりやすかった!面白い!」などのコメントですごく喜ぶ2人です。
こんな記事もあります!