この記事は約 2 分で読めます。

 
サッカーの試合を観ていると相手選手を

どんどん抜いてチャンスを作り出す

選手がいます。
 

サッカーにおいて

シュートも1つの醍醐味ですが、

この「ドリブル」と呼ばれるプレーも

観る者を魅了するプレーの1つです。
 

よくテレビでは

「何人抜きをしました」

という実況もあるように

ドリブルに憧れを持つ方も

いらっしゃるのではないでしょうか。
 

今回はそんなサッカーの

ドリブルの練習方法やコツ

についてみていきます。
 

サッカーの「ドリブル」とは?

基本的には脚のみを使ったプレーのことを

「ドリブル」

といいます。
 

脚に吸い付くようにボールが

コントロールされ相手選手を

次々と抜いていくプレーのことです。
 

元アルゼンチン代表の

マラドーナ選手の代名詞でもあります。
 
サッカードリブル紹介動画

 

「ドリブル」の重要性は?

ドリブルが上手い選手がいると

相手選手は人数をかけて

一人の選手を止めにきます。
 

相手が人数をかけてきたところに

空いている味方選手にパスをだして

チャンスを作り上げたり

1人で何人も抜いて

一気にゴールに持ち込むこともあるため

ドリブルはとても重要な技術といえます。
 

ドリブルが上手いと相手も警戒してくるので

その裏をつくこともできます。
 

個人の力が大きく戦略に影響を与えるので

ドリブルがうまい選手は重宝されます。
 

初心者が「ドリブル」が上達しない理由は?

「脚を使って物を動かす」

という機会がないので最初は

コントロールすることが難しくなっています。
 

力加減やスピードなどの調節が

上手くできず思ったように

ボールが動かないのが原因です。
 

ボールをコントロールしようとする

あまり足元ばかりを見て

目の前の選手にぶつかったりするなども

原因の1つといえるでしょう。
 

「ドリブル」の練習方法は?


 
ドリブルには

インサイドドリブル

アウトサイドドリブル

というのがあります。
 

インサイドドリブルとは

脚の内側を使用し、

中に切れ込んでいくドリブル

のことをさします。
 

アウトサイドドリブルとは脚の外側を使用し、

外へボールを運ぶドリブル

のことをさします。
 

この両方を使いこなせるようになれば

ボールを足元でコントロールすることが

できるようになります。
 

初心者はまずはインサイドドリブルの

練習から始めましょう。
 

練習方法としてはコーンを置いて

スラロームの練習をするのが

最も効率的といえます。
 

慣れてきたらアウトサイドドリブルの

練習もしてみましょう。
 

利き脚のアウトサイドのタッチの

練習を繰り返し行いましょう。
 

そうすることによりボールを

コントロールすることが

できるようになります。
 

 

「ドリブル」のコツは?

最初は足元を見て

ドリブルとするかと思いますが、

慣れてきたら足元だけでなく、

相手選手の動きも見て

ドリブルするようにしましょう。
 

そして相手選手を上手く

かわすことができるようになれば

試合でも活かせることでしょう。
 

ドリブル練習紹介動画

以上がドリブルの

練習方法とコツでした。
 

ドリブルが上達すると

よりサッカーが楽しくなると思います。
 

今回の記事を参考に練習に励んでください。
 

サッカー観るならDAZN!
その「瞬間」を見逃すな!

この記事の監修者

スポーツ解説MEN
スポーツ解説MEN
普通の社会人スポーツオタク2人組です。スポーツの面白さを共有したく立ち上げたサイトです!「分かりやすかった!面白い!」などのコメントですごく喜ぶ2人です。
こんな記事もあります!