この記事は約 2 分で読めます。

 
サッカーにおいて「キーパー」

というポジションは

とても重要な役割を果たしています。
 

ディフェンスが抜かれた時に

キーパーが止めるか

シュートを決められるかで

チームの勝敗や士気に関わってきます。
 

そのキーパーですが、部活やクラブなどで

「練習をしているけどなかなか上達しない」

と悩んでいる方も

いらっしゃるのではないでしょうか。
 

今回はその

「キーパー」の練習方法やコツ

についてみていきます。
 

サッカーの「キーパー」とは?

サッカーは相手ゴールに向かって

シュートを放ち得点を挙げ

その得点を競うスポーツです。
 

そのゴールの真ん前に立って守っているのが

「キーパー」

です。
 

自陣のゴールエリア内で唯一

手を使うことのできるポジションです。
 

「キーパー」の重要性は?

チームのゴールを守る最後の砦

と言われるキーパー。
 

絶体絶命のピンチでキーパーが

相手のシュートを止めると

一気に士気が上がり

チームが活気付きます。
 

まさに「守護神」という言葉が

ぴったりなポジションです。
 
キーパープレー動画

 

初心者「キーパー」が上達しない理由は?

一番の理由は経験が少ないことが

挙げられます。
 

Jリーグでも名ゴールキーパーとして

活躍している選手は

ベテランといわれる選手も多く存在します。
 

色んな選手のシュートを経験しているので

読みも当たることが多いですし、

キーパーほど経験が物を言う

ポジションといってもいいかもしれません。
 

よく初心者がやりがちな差が生まれるのは

手を使えるからといって

下半身をおろそかにしている

ことです。
 
手だけでボールを取りに行くのではなく

脚をつかってサイドステップをし

ボールを正面にとらえて捕球する

ことができるできないかで差が生まれます。
 

 

「キーパー」の練習方法は?

場数を踏むことが

一番の練習方法になります。
 

しかし、ただ数をこなすのではなく

選手によってシュートにも癖があります。
 

例えば右利きなのか左利きなのか、

右側と左側のどちらのシュートを

得意としているかなどです。
 

そういった選手ごとの特徴や

癖をメモするなどして覚え

試合で生かすことが大事になってきます。
 

試合前であれば

相手のシュート練習を観たりして

研究することも1つの

勝負のポイントでしょう。
 

そうすることにより

読みが当たる確立が高くなり

ピンチでも相手のシュートを止めることが

できるようになります。
 
ゴールキーバー練習紹介動画

 

「キーパー」のコツは?

キーバーのコツとしては

腕だけでボールを捕ろうとするのではなく

脚を用いたフットワークで

ボールとゴールを結ぶ線上に位置できるか

が捕球の制度に大きく影響します。
 

相手選手の特徴や癖の研究などをして

シュートをセーブできるかどうかで

周りの評価、認識も変わってきます。
 

結果を積み重ねて自信をつけましょう。
 

以上がキーパーの練習方法やコツでした。
 

キーパーは責任感がいるポジションで

あまり人気はありません。
 

しかし、相手のシュートを止めたときの

嬉しさは格別でしょう。
 

練習中の方もこれからキーパーに

挑戦する方も是非参考にしてください。
 

サッカー観るならDAZN!
その「瞬間」を見逃すな!

この記事の監修者

スポーツ解説MEN
スポーツ解説MEN
普通の社会人スポーツオタク2人組です。スポーツの面白さを共有したく立ち上げたサイトです!「分かりやすかった!面白い!」などのコメントですごく喜ぶ2人です。
こんな記事もあります!