この記事は約 2 分で読めます。

 
小学生の将来の夢を聞くと、

サッカー選手と答える子が

たくさんいるそうです。

 

さて、

そんなサッカーのボールにも

種類がたくさんあります。

 

うちの子がサッカーをやりたい

と言い始めたけど、

どのボールを選んだらいいのか分からない。

 

そんな方のために遊びでやる子供や

本格的にやりたい人の

サッカーボールの選び方についてまとめました。

サッカーボールの製法別の選び方は?

サッカーボールといえば、

多くの人が同じ白黒のボールを

思い浮かぶのではないでしょうか?

 

サッカーボールは2種類の製法

どちらかで作られています。

 

①縫い目製法

5角形の12枚の革と

6角形の20枚の革でつくられています。

 

②サーマルボンディング製法

パネル同士を熱接合により

くっつけるので縫い目がなく、

ボールの表面が滑らかなボールです。

 

真円に近いため、

どこの場所で蹴っても安定した

ボールを蹴ることができます。

 

雨天時にも水を吸うことが

ほとんどないので、

試合の途中で重くなることがありません。

 

基本的にこちらのボールを

選んでおくと間違いないです。

サッカーボールの大きさ別の選び方!

サッカーボールのサイズには

5,4,3号といった

3種類の大きさのボールがあります。
 

 
5号と3号では150グラムも

重さの違いもあります。

 

では、それぞれの用途を説明します。

 

5号:中学生~プロサッカー選手用ボール

中学生以上の選手から使用しています。

 

単純に小学生にはサイズが

大きすぎるということです。

 

4号:小学生3年~中学生用ボール

このボールは小学生以下の選手たちが

使用している大きさです。

 

お子さんがサッカーを始めた

という方はこのボールを選びましょう。

 

3号:~小学生2年生用ボール

主に小学校低学年の子供たちが

使用している大きさです。

 

しかし、

現在では低学年でも

4号がメインになっており、

3号が使用されることはあまりないです。

 

小学生のお子さんにも4号を購入し、

慣れさせておいた方がいいでしょう。

 

以上がサッカーボールの選び方でした。

 

遊び用と競技用といった基準は

特にはありませんが、

サッカーを始めた小さなお子さんですと

4号のサーマルボンティング製法ボール

が良いでしょう。

 

小さなうちから大き目の

ボールに慣れさせておけば、

より精度の高いプレーが

できるのではないでしょうか。

 

サッカーは雨で中止になることが

ほとんどありません。

 

そのため、

水を吸わないサーマルボンディング製法の

ボールが重宝されているようです。

 

このように目標や用途に応じた

ボールを選ぶのも大事なことです。

サッカー観るならDAZN!
その「瞬間」を見逃すな!

この記事の監修者

スポーツ解説MEN
スポーツ解説MEN
普通の社会人スポーツオタク2人組です。スポーツの面白さを共有したく立ち上げたサイトです!「分かりやすかった!面白い!」などのコメントですごく喜ぶ2人です。
こんな記事もあります!