この記事は約 2 分で読めます。

 
イチロー選手や大谷翔平選手を観ていると

どんな練習をしたらあんなに

打てるようになるんだろう

と思ってしまいますよね。

 
そういう選手に憧れて

素振りの練習を始めた方も

多くいらっしゃるのではないでしょうか。
 

やみくもに素振りをしても

なかなか上達はしないのです。
 

今回はそんな野球の1プレー

スイングの練習方法やコツ

についてみていきます。

野球のスイングとは?

野球というスポーツは

ピッチャーが投げたボールを

バッターが打ち返すという流れで

試合が進んでいきます。
 

そのバッターがバットを振る動作のこと

スイングといいます。
 
◇イチローバッティング動画

 

野球のスイングの重要性とは?

力強くスイングができないと

相手ピッチャーの投げたボールの勢いに

押されて前に飛ばすことができません。
 

正しいフォームでスイングすることにより

色んなボールに対応ができるようになるので

ヒットを打つ確率も高まります。
 

また勢いよくスイングすることは

投手捕手ともにプレッシャーを与える

効果があるので次の打順への

布石にもつながります。
 

野球の初心者が上達しない理由は?

小学生で野球を始めたばかりという方は

バットの重さに負けて

正しいスイングができないというのが

上達しない原因のひとつです。
 

大人になって始めて野球をしたという方は

重さは問題ないものの

やみくもにバットを振っているだけで

フォームが定まっておらず

ボールを捕らえることができないのが

原因といえるでしょう。
 

野球のスイングの練習方法とは?


 
まずはどういった選手になりたいのか

を考えましょう。
 

例えば

  • 長打を打ちたいのか
  • ヒットをたくさん打ちたいのか

などです。
 

求める選手像によっても

練習方法が変わってきます。
 

長打を打ちたい選手は力強く振るだけでなく

どうやったらボールを遠くへ飛ばすことが

できるのかを意識してください。
 

ヒットをたくさん打ちたいのであれば

ミート力を上げる練習が必要になります。
 

バットにボールが当たるまで

見ることが大事です。
 

素振りフォームを自ら見ることも

大切ですので

鏡や、ガラスなどで確認してみると

フォームの確認になって効果があります。
 

野球のスイングのコツとは?

長打を打ちたいという選手にありがちなのが

アッパースイングをしてしまうことです。
 

下から上にバットを振ることをいいます。
 

このスイングをしてしまうと

バットにボールが当たる確立が

激減してしまいます。
 

右バッターなら右手でボールを

掴みにいくような感覚で

バットを振るとよいでしょう。

 
まずはミートしないことには

ヒットを打つことすらできないのです。
 

また、ピッチャーが投げてから

ボールが到達するまでに1秒もないので

動体視力を上げるという

トレーニングもおすすめします。
 

以上がスイングの練習方法とコツでした。
 
◇スイングスピード上達動画

 
最初はボールが当たらなかったのに

徐々にボールが当たってくるようになると

より楽しくなってきますよ。
 

野球観るならDAZN!
その「瞬間」を見逃すな!

この記事の監修者

スポーツ解説MEN
スポーツ解説MEN
普通の社会人スポーツオタク2人組です。スポーツの面白さを共有したく立ち上げたサイトです!「分かりやすかった!面白い!」などのコメントですごく喜ぶ2人です。
こんな記事もあります!