試合時間

この記事は約 3 分で読めます。

 
オリンピック、FIFAワールドカップと

サッカーファンの人口は

落ちることを知りません。

 

最近見始めた方も

多いのではないでしょうか。

 

さて、そんなサッカーを見ていると

思っているより試合が長いので

・試合時間っていったい何分?

・時間延びてない?

などの疑問が出ると思います。

 

そんな疑問を解消すべく

「試合時間の前半と後半の合計」

についてみていきたいと思います。

スポンサーリンク


サッカーの試合の進み方は?

サッカー

サッカーには

「前半、後半」の2回に分けて試合を行います。

 

また、その他に

「アディショナルタイム(時間延長)」

といったものや、前半と後半の間に

「ハーフタイム(休憩時間)」

というのがあります。

 

主審(試合を進める審判)が

ホイッスルを鳴らして試合が始まり、

主審がホイッスルを鳴らして

前半終了や試合終了の合図を出します。

試合時間は前半後半合わせて何分?

ルール

ルールー上、

「試合時間は前半45分、後半45分」

と決められています。

 

サッカーの歴史が始まった頃は

決まっていなかったようですが、

紆余曲折を経て

世界共通でこの時間になったようです。

 

試合を行う選手によって時間も異なります。

 

この45分が当てはまるのは

普段私達がテレビで見る

プロのサッカー選手

(Jリーグ、国際大会、海外リーグ)

の試合になります。

 

さらに、前半と後半の間には

ハーフタイムというのがあり、

15分までと決められています。

 

選手たちはこの間にストレッチをしたり

戦略について確認を行っています。

 

また、逆にフィールドでは

イベントもやっています。

 

よくあるのはチアガールによる応援です。


 
こういった部分も観戦していると面白いですよ。

スポンサーリンク


高校、少年サッカーの試合時間は何分?

少年サッカー

実はプロではなく、

学生がやっているサッカーは試合時間が異なります。

 

学生は少し短くなる傾向があり、

高校サッカーは40分ずつの80分間

少年サッカーは

15分~30分ずつの30分~60分間

となります。

 

ただし、

全国高校サッカー選手権大会は

準決勝から45分ずつの90分間の試合

になります。

 

高校サッカーは

トーナメント方式ですから、

予選から45分ずつの試合を行っていたら、

体力的にきついんでしょうね。

 

さて、

ここで選手交代や負傷選手の手当てが

あったら当然時間がかかりますよね?

 

そんな時間の浪費が

発生した場合はどうなるんでしょう。

負傷選手が出たら試合時間は?

アディショナルタイム

この場合は

「アディショナルタイム」

という時間が発生します。

 

一番多いのが、例えば

試合の途中で接触プレーにより

選手が負傷した場合です。

 

まずは負傷の程度を判断します。

 

その後、

手当てが必要な場合は

更に時間も必要となります。

 

こうように試合が中断してしまった場合、

主審の判断により延長時間が決定され、

前半と後半の45分を過ぎた後に

試合時間が追加されます。

 

基本的には止まった時間ですが、

「審判独自の判断」で決まるので

多少前後します。

延長戦やPKが発生した場合の試合時間は?

さらに延長戦やPK戦の時間を

見ていきましょう。

 

・延長戦

後半戦を終了しても

試合が決まらない場合は延長戦に入ります。

 

延長戦も前半戦と後半戦があり、

15分ずつで行われることが多いです。

 

・PK戦

延長戦でも試合が決まらない場合は

PK戦に入ります。

 

PKは意外と時間がかかり、

20分くらい行われます。

 

つまり、通常の試合は

通常試合→2時間
延長戦→2時間30分
PK戦→2時間50分

 
となり、「試合時間90分」

と思われがちなのですが、

サッカーの試合は90分ジャストで

終わることはあまりありません。

といったところです。

 

それまで負けていたチームが

アディショナルタイムで

劇的な得点をあげた

ということも多々あります。

 

そういった醍醐味もつまったのが

サッカーというスポーツですね。