この記事は約 2 分で読めます。

 
日本ではサッカーは大人気スポーツです。

 

子どもの将来の夢にも毎年のように

サッカー選手というのが上位にきます。

 

最近では

世界でも活躍している日本人が多くいますね。

 

さてそのサッカーですが、

あまり観たことがないという方も

いらっしゃるのではないでしょうか。

 

そんなサッカーの初心者の方が

最初に知っておきたいルール

についてまとめました。

サッカーの人数、試合時間のルールは?

テレビ中継などでサッカーの

スターティングメンバーのことを

「イレブン」といいます。

 

その名の通り、

11名で行うスポーツです。

 

ゴールキーパーが1人、

フィールドが10人です。

 

また、試合時間ですが、

プロや国際試合では

前半、後半45分ずつ

に数分間のロスタイムが加算されます。

 

前半と後半の間には

15分以下の休憩時間があります。

 

なので延長戦に入らずに

試合が終わった場合は2時間ほどで終わります。

 

サッカー広い上に時間も長いので、

スタミナや集中力がいることが

良く分かりますね。

 

また、

前半、後半45分終えて同点の場合、

前半、後半15分の延長戦に入ります。

 

それでも決まらない場合は

PK戦に入ります。

サッカーのファウルのルールは?

サッカーはファウルをすると

審判からカードが提示されます。

 

イエローカードとレッドカードの

2種類があります。
 
サッカーカード
 
イエローカード→警告という意味です。

このカードを同じ試合で

同じ選手が2枚貰うと退場となり、

その試合には復帰できなくなります。

 

レッドカード→一発退場という意味です。

悪質なファウルに対して出るカードで、

このカードを提示された選手は

1枚貰っただけで退場となり、

その試合には復帰できなくなります。

 

ファウルに関しては曖昧な部分があり、

審判によっても度合いが違います。

 

また、

基本的にゴールキーパー以外の選手は

手を使ってのプレーは禁じられています。

 

ただし、スローイン

(ボールがフィールドから出た際に

手を使ってパスを出すプレー)

の際は手を使うことができます。
 

サッカーの見どころ!ペナルティーキックとは?

ペナルティーキックとは

ペナルティーエリアと言われる

ゴールに近い場所でファウルをした場合に

与えられるキックです。

 

サッカーにとって

1点入れることは非常に大きいので、

大チャンスということになります。

 

このキックはキーパーと

向かい合いシュートを放ちます。
 

 
なので、

キッカーがいれて得点をとるのが当たり前

という目で見られるので、

キッカーはプレッシャーがかかります。
 

サッカーの見どころ!フリーキックとは?

フリーキックとはペナルティーエリア以外で

ファウルがあった場合に

与えられるキックです。

 

ペナルティーキックよりは少し遠くなるので、

少しチャンスといったプレーになります。
 

 
この場合、

直接ゴールを狙うキックもあれば

フェイントでパスを出したりもします。

 

これはゴールまでの

距離でも戦術が変わってきます。

 

以上が初心者が

最初に知っておきたいルールでした。

 

他にもたくさんのルールがあるので、

是非調べてみてから観戦すると

更に楽しくなりますよ。

サッカー観るならDAZN!
その「瞬間」を見逃すな!

この記事の監修者

スポーツ解説MEN
スポーツ解説MEN
普通の社会人スポーツオタク2人組です。スポーツの面白さを共有したく立ち上げたサイトです!「分かりやすかった!面白い!」などのコメントですごく喜ぶ2人です。
こんな記事もあります!